羽曳野市・藤井寺市・富田林市での葬儀・葬式・家族葬のことならメモリアル成就(株式会社 花利)

渇ヤ利 メモリアル成就
よくわかるお葬式

葬儀後の法要

仏式での本来の意味は、仏教において釈迦の教えを知るということですが、その後、法要などの仏教行事一般のことをいうようになりました。日本では次第に追善供養のことを指すようになり、その後一般的に死者を弔う儀式を指すようになりました。神式での法要は『霊祭』といい、キリスト式では『追悼ミサ』『記念祭』といわれています。
渇ヤ利では葬儀後の各種法要のご相談も承っております。お気軽にご相談ください。

亡くなってからの日数の数え方

百ヶ日忌までの日単位の法要の場合

亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。
※地域によっては、亡くなった日の前日から数える場合もあります。亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。

年忌法要の場合

一周忌は亡くなってから満1年目ですが、一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、これから3年目を迎えるという意味で三回忌と言います。(例:三回忌 は満2年、七回忌は満6年)

その他の法要

毎年の個人の命日(祥月命日)・お彼岸(春と秋)・お盆(7・8月)などに、年忌法要に関係なく、故人や先祖を供養します。

主要な法要のスケジュール

仏式の場合

命日からの日数
名称
備考
7日目
初七日
僧侶、親族、友人を招きます。最近は、葬儀の日に繰り上げて行うことが多くなっています。
35日目
五七日・三十五日
僧侶、遺族、友人を招いてなどで法要を行います。
49日目
七七日・四十九日・三十五日
僧侶、親族、友人などを招いて忌明け法要を行います。百ヶ日法要と兼ねることもあります。
100日目
百ヶ日
僧侶を招いて読経をしてもらいます。四十九日と同時に行うことが多くなっています。
1年目の祥月命日
一周忌
僧侶、親族、友人などを招いて、比較的盛大に行われます。
2年目の祥月命日
三回忌
一般的には三回忌まで親族を呼ぶ場合が多いです。これから3年目を迎えるので三回忌と言います。

神式の場合(霊祭)

命日からの日数
名称
備考
葬儀翌日
翌日祭
近年では省略されることが多くなっている。
10日目
十日祭
仏式の初七日にあたります。親族、知人を招き、神職による祭儀を行います。
30日目
三十日祭
仏式の三十五日にあたります。内輪で営むまれることが多い。
50日目
五十日祭
忌明けとなる霊祭で、仏教の四十九日と同じように、神職、親族、友人などを招いて祭儀を執り行います。
五十日祭の翌日
清祓(ふうせつ)の儀
五十日祭の翌日に行い、神棚や祖霊舎「仏教でいう仏壇」の白紙をとり、これで忌明けとなります。葬儀の当日返し以外の香典返しや、忌明けの挨拶状送付はこの時期に行います。清祓の儀の後、合祀祭で亡くなった人の霊璽(れいじ)「仏教でいうところの位牌」を祖霊舎に祀ります。
100日目
百日祭
神職・親族・友人などを招いて祭儀を執り行います。
1年目
式年祭(一年祭)
以後、二年祭・三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭・三十年祭・四十年祭・五十年祭、百年祭が行われます。

キリスト式の場合(カトリック)

命日からの日数
名称
備考
3日目
追悼ミサ
追悼ミサには親族・近親者・友人・知人が参列します。
7日目
追悼ミサ
追悼ミサには親族・近親者・友人・知人が参列します。
30日目
追悼ミサ
追悼ミサには親族・近親者・友人・知人が参列します。
1年目
死者記念のミサ
その後3年・5年・7年や区切りの良い10年目などに行っているようです。

毎年
オール・ソウルズ・デー
(万霊節)
キリスト教で、この世を去ったすべての信徒を記念する日。

キリスト式の場合(プロテスタント)

命日からの日数
名称
備考
1ヶ月目
記念祭(昇天記念式)
教会・墓前・自宅などで牧師・近親者や友人・知人を招いて記念の集いを執り行います。
1年目
記念祭
特に決まりはないようです。
トップページ事前相談のご案内花へのこだわり家族葬のご案内お問い合わせ・資料請求
羽曳野式場藤井寺式場富田林式場土師ノ里式場家族葬式場 朱雀家族葬式場 白虎
祭壇と費用例供花のご注文よくわかるお葬式さくらクラブお客様へのお約束会社案内